メディカルハーブの歴史と効能

ハーブは一般的に料理や化粧品に使われるものと、ヨーロッパなどでは医薬品として使われるものをメディカルハーブと呼んでいます。
歴史的には、キリスト教発症以前より用いられ、古代エジプトでは薬草園で栽培されていたそうです。
中世ヨーロッパを襲った黒死病と呼ばれる、ぺストの予防として身に着けたり、服用して阻止した事が有効だったと記載されています。
また、ハーブを魔除けにしたり、知識が豊富な人々が魔女狩りとされ、弾圧をうけたと言われています。
その後、ローマを経て、イギリスに映りハーブガーデンなどが広まり、アメリカに知識が伝わったとされています。

効能が高く有益な物も多いですが、摂取量や用法を間違うと、副作用を起こす場合もありますので、注意が必要です。
利用法としては、食用であったり、香りを楽しむものや油を抽出して使用したりと様々です。
具体的には、健康食品やハーブティ、ポプリ、アロマテラピー用のオイルなどで活用されています。

現在の日本でも、ヘルスケアの一環としてメディカルハーブを、メーカーがサプリメントの通販としている所が増えています。

組み合わせによって、スキンケア 商品としての、効能効果が変わりますので用法容量をご確認下さい。